語るに語れぬカタルシス

人生いろいろあります

スペシャルアピールができない

最近の自分のタスクの多さにビビりだしている。

頭での管理が難しくなってきたのでノートに書き起こしてみるとなんとも膨大。

中にはイレギュラー対応となり、書き起こす暇もなく済んでしまうものもある。

 

どうでもいい事から大きな事まで、とにかく新しい物はほぼなんでも振られる。

別に指示待ち人間というわけではない。

既に自分から提案したものはいくつかあり、それに関しては初めは好感触でも後からぐちぐち言って有耶無耶にされてしまうものもある。

 

出来る人の所に仕事は舞い込んで来るとは言うが、そうではない。

恐らく自分のアピールが出来ていないのだろう。

上司はもちろん、周りの人間からも

「こいつ暇だからとりあえずこいつに振るか」

と思われてるだろう。

自分が何をしていて、何を得意としているか。自分のタスク量はどれくらいなのか。そこのアピールが下手くそなのである。

 

しかし今の職場で、細かい事でいちいち完了報告しても意味が無いと思っている。

報告の場がなかなか取れず、更に素人の集団なのでそもそも話が通用しないからだ。

話しても「ふーん」で終わってしまう。

 

であれば、メールのCCに入れてあるのだからせめてそこだけは見ていて欲しい。

しかしそれさえも叶わない。

どこにやりがいがあるのか。

 

ただ、最近は特に専門知識が必要なタスクを担当しており、幸い外部から専門職の顧問が来ている。

そこからどんどん知識を吸収して経験を積み、早い所他の職場へエスケープしなければならない。

行った先でスペシャルアピールを成功させるために。