語るに語れぬカタルシス

人生いろいろあります

あの日探した暗がりの茂みは整備され毛布が敷かれていた

東京に帰ってきた。

お昼過ぎ、夕方になってないくらいの頃に。

 

言うても今日は平日。

学校帰りの小学生や、既に一度帰って友達と公園で遊ぶ子達を見かける。

 

小学生の頃ってやたら秘密基地に憧れてて、秘密になってないような秘密基地をあちこちに作った記憶。

そんな思い出に耽りながらも、僕は疲れた体でありながら浅ましく憫然な時間を過ごしていた。

 

明日からまた気合い入れていこう。