語るに語れぬカタルシス

人生いろいろあります

京アニで、あまりに惨い放火事件…

我々に、何が出来るだろうか。

 

2019年7月18日、京都府宇治市にある京都アニメーション第1スタジオに、41歳の男がガソリンを撒いて火をつけるという放火テロ事件が起きた。

出火当時、建物内には74名の従業員がいたが、うち33名が死亡、36名が病院に搬送。

犯人の男は現在重症のため病院にて治療中であり、詳しい動機については未だ不明。

パクりやがって、と叫んでいたとか、響けユーフォニアムスレの荒らしがピタリと止まった事からその荒らしだったのではないか、とか、色々と情報は飛んでいるが。 

放火事件の被害者数として、戦後最悪級であるとの事。

 

あまりにひどく、惨い。

 

私は昔からアニメが好きで、特に京アニのアニメは目を見張るものがあった。けいおん!、響けユーフォニアムヴァイオレット・エヴァーガーデン等々。その京アニが被害に遭ったというのがまず一番のショックだった。

それから次々に流れてくるニュース速報を見て、その被害状況が明らかになるにつれて、もはやアニメ制作会社だからとかは関係無く、あまりにひどい殺戮事件である事に胸を痛めた。

人の命と文化がこんな理不尽な形で奪われていいはずがない。

 

京アニに知り合いがいるわけではない。しかし、とても悲しく、やりきれない気持ちになる。被害者の方々の事を思うと、本当に心が苦しい。

私は犯人の動機が何であれ絶対に許さない。あそこで努力して、自分の身を捧げて、一丸となって、素晴らしいアニメを作るという仕事をしていた人達が、何故このような苦しい思いをしなければならなかったのか。

また、今回の多数の死者に伴い、多くの遺族が悲しみに暮れる事になる。これが、たった1人の、曖昧かつ下らない動機で起こした事件によるものであるならば、それは断じて許されない。

 

犯人には然るべき報いを受けて欲しい。だがそれはもう司法の管轄である。

では、これから我々に、何が出来るだろうか?

 

海外では既にアメリカのアニメ配給会社によるクラウドファンディングが始まっている。日本国内での義援金等は現段階では受け付けていない。

正直、自分でクラウドファンディングを立ち上げようと思って色々調べてみたものの、個人で動くのは難しい。信用度の問題や、そもそもどのような形で受け渡すのか、その方法が無い。また、今回の事件に関する情報もまだ少なく、京アニは正直それどころではない状態。

 

今現在我々に出来るのは、既存の京都アニメーションのアニメを視聴し、円盤やグッズを買うという形で支援し、声援を送り続けるしか出来ないのか…今はそれしかないと思う。

だが今後もし何かしらの形で別の支援が出来るのであれば、全力でさせて頂きたい。微力かもしれない。でも、こんな悲しい事件があって、何もしないわけにはいかない。このような悲しい形で京都アニメーションが終わってしまう訳にはいかない。

多くの感動と幸せな時間を人々に届けてきた京アニに、精一杯の支援と声援を送り続けたい。

 

昼からずっとニュースを追い続けたり各所で情報集めをしてすっかり心が弱ってしまい稚拙な文章となってしまっているかもしれないが、ご了承頂きたい。

 

救助活動に力を注いで頂いた消防隊の方々、誠にありがとうございました。

負傷した方々の一日でも早い回復と無事を願うと共に、亡くなった方々のご冥福を心からお祈り致します。